ヘルペスと聞くと性病のイメージがありますよね。確かにヘルペスウイルスの中には性行為で感染する単純ヘルペスウイルス2型が存在します。
でも、実際、多くの人が感染している単純ヘルペスウイルス1型は、唇や口周りに症状があらわれる口唇ヘルペスで、性行為をしなくても感染します。ですから、ヘルペスのすべてが性病と言わけではないのです。
口元に水ぶくれができて病院を受診したら「ヘルペス」と診断されて、性病になってしまったと落ち込む必要はありませんが、性病であろうがなかろうが、ヘルペスはできてしまうと強い感染力を持っていますし、痛みを伴うことも多いのでできるだけ早く治す必要があります。
ヘルペスになって困っている人もそうでない人も、ヘルペスという病気について知っておくことは大切なことです。ヘルペスについての基礎知識をまとめていきたいと思います。

 

ヘルペスには8種類のウイルスがある

ヘルペスウイルスは8種類あると言われていて、原因も症状がでる場所も様々です。

ただしどのウイルスでどの部位に出たとしても最初はかゆみやピリピリとした違和感から始まって徐々に赤くはれていき、水ぶくれになるという段階を踏むことが多いようです。
水ぶくれになると、それが破れてやがてかさぶたになっていくのですが、水ぶくれが破れたときに激しい痛みを伴うことが多く、特に性器に症状が出る性器ヘルペスは、敏感な部位だけに耐えがたい痛みだと感じる人も少なくありません。

 

どうしたら感染してしまうの?

感染経路も、ウイルスごとに異なります。

代表的なヘルペスである口唇ヘルペス性器ヘルペス帯状疱疹について感染の原因を見ていきましょう。
まず、口唇ヘルペスは、とても感染力が強く、日本人の多くの人が感染しています。感染してからすぐに症状が出ないことも多いので、感染に気付いていない人もいます。
タオルやコップ、カラトリーなどを感染している人が使っているものを使用するだけで感染してしまうので、同じ家で生活している家族にヘルペスに感染している人がいると、感染リスクが高くなります。

性器ヘルペスは、性病の一つとして認識されていて、主に性行為で感染します。性行為の相手の性器やその周りに性器ヘルペスができている場合、性行為をしたことでウイルスに感染します。かなり高確率で感染するので、相手が性器ヘルペスの場合は症状が落ち着くまで性行為を避けた方が良いでしょう。

帯状疱疹は、子どもの頃の水疱瘡のウイルスが、ずっと体の中で潜伏していて、抵抗力の低下とともに活性化することによって症状が出ると考えられています。疲れがピークに達したり、大きなストレスを抱えたときに帯状疱疹になる人が多いのはそのためです。

 

ヘルペスの治療方法は?

ヘルペスはウイルス自体を殺すための薬はなく、ウイルスが増殖して症状が悪化するのを防ぐことしかできません。抗ウイルス薬を使って、ウイルスの増殖を防ぎ、症状を最小限にとどめます。
早めに抗ウイルス薬を使用することによって、痛みも少なく、最短で治すことができます。

ただし、症状がなくなったと思っても、ウイルスは細胞の中に潜伏していて、また、抵抗力が下がった時などに再発することが多いということも知っておきましょう。

 

ヘルペスは原因も症状も様々。抵抗力を低下させないようにしましょう

ヘルペスは原因も症状も様々です。ウイルスに感染していても症状が出ないうちは平和ですよね。症状が出ないように、抵抗力の低下を防ぎ、常に健康でいられるようにできると良いですね。