ヘルペスは、感染症。一度かかってしまうと治るのに時間がかかることや、治っても再発しやすいということ、何より痛みをともなうということで絶対に感染したくないと思っている人は多いと思います。
ヘルペスに感染しないようにするためにはどうしたら良いのでしょうか。

 

感染している人との接触を避ける

ヘルペスは、ヘルペスウイルスに感染している人からうつって感染することがほとんどです。

ヘルペスウイルスの種類によってもどのようにしてうつるかが変わってきますが、一番感染力が強く、かかりやすい口唇へルぺスは、感染した人が使ったタオルやコップからもうつるので家族や恋人など、近い存在の人が感染している場合は、手洗いをこまめに行い、使うものははっきりと別々にしましょう。
また、性器ヘルペスの場合は性行為によって感染するので、セックスをするときに気を付ける必要があります。

 

疲れやストレスを溜めない

ヘルペスウイルスはもし感染していたとしても、症状がすぐに出るわけではありません。症状がでるのは、疲れやストレスが溜まってピークになった時という特徴があります。これは、様々なヘルペスウイルスがありますが、ほとんどにおいて共通して言えることです。

ですから、感染したとしても症状を出さないようにするためには、疲れやストレスをなるべくためずにいつでも心身共に健康でいられるようにすることが大切です。一度ヘルペスにかかってしまった人が再発しないようにするためにも、ストレスや疲れを溜めないようにすることが大切です。
睡眠をしっかりとり、栄養バランスの摂れた食事をすること、疲れたらしっかり休んでストレスを適度に発散しておくこと、規則正しい生活習慣がヘルペス発症の予防になるのです。

 

ヘルペスで悩まないために

ヘルペスが痛かったり、なかなか治らなくて辛い思いをすることの無いようにするためには、ヘルペスウイルスの中には感染力の強いものもあるということや、疲れやストレスで発症することを覚えておきましょう。