性病を怖いと思っている人は多いですよね。セックスをすることは性病のリスクを背負っていることにもなります。比較的多くの人が感染しやすい性病の一つにヘルペスがあります。
ヘルペスについて紹介します。

 

ヘルペスは性病だけじゃない?

ヘルペスと聞くと性病のイメージがとても強いですが、実はヘルペスは性病だけではありません。セックスをしなくても感染する口唇ヘルペスなどもあるので、ヘルペス=性病ではないということはまず知っておきましょう。

ヘルペスの中で性病と呼ばれているのは性器ヘルペスです。性器の周りに赤いブツブツや水ぶくれができる感染症で、水ぶくれがつぶれたときには激しい痛みを伴います。中には、あまりの痛さに排泄するのに恐怖を覚えるという人もいるほどです。

性器ヘルペスは、単純ヘルペスウイルス2型に感染している人とセックスすることで、感染します。コンドームを使用すると少し感染リスクを減らすことができますが、性器の周りにヘルペスができていることも多いので完全には防ぎきれません。

また、性器ヘルペスではなく、単純ヘルペスウイルス1型に感染して口唇ヘルペスの症状が出ている人が、オーラルセックスをすると、ウイルスの種類が違うのにもかかわらず性器ヘルペスに感染することもあります。
性器ヘルペスは頻度の多い性病で、初めはかゆみや赤み、皮膚のただれで気づきますが、水ぶくれになって破れたときのことを考えるとできれば感染したくないですよね。

 

性病と呼ばれているヘルペスは性器ヘルペス

性病と呼ばれているヘルペスは、数あるヘルペスウイルスの中の一つが原因となってひき起こる性器へルぺスのことです。セックスすると感染してしまう可能性が高いので、セックスの相手が感染していないかどうかはチェックしたほうがよさそうですね。