チャットレディのお仕事の良いところ

アダルト関係の仕事でも、チャットレディというものは、会員に直接会うことがないので、気が楽といえばそうですね。

実際要求される、かなりいやらしいことでも直接相手が目の前に、いるといないのとでは気持ち的にものすごく違うものです。

これが本人が目の前にいたら、絶対に要求には答えられないと思います。

きっと気が小さいのでしょうね、私は。

ですが、こうしてチャットレディとしての仕事だと、自分を素直に出せるのです。

相手の人にも優しくできることで、リピーターになってくれる男性がいるんだと思います。

私の中では、最初は不安だらけでしたし、こんな色気もない女がどうやってチャットレディなんか務まるのかという考えもありました。

回数を重ねて行くにつれ、相手に会わない気楽さが、心地よく仕事をさせてくれました。

きっとこういう仕事で、私よりももっと上手に相手ができる女性だったら、数倍は稼げているのでしょうね。

そう考えると、私も負けてはいられないと思います。

せっかく始めた小遣い稼ぎ・・・しかし、今は小遣い以上の収入で大満足なのですから。

この気楽さにしばらく乗っかっていこうと思います。

チャットレディが楽な仕事と言うことではありませんけど、こうした頑張りが金額としてはっきりでてくるのはかなり魅力でしょうね。

コンサルテーション⇒稼げるスマホチャットレディ求人募集サイトならVI-VO(ビーボ)

チャットレディ=アダルトというイメージについて

チャットレディ=アダルトというイメージについて

どうせなら、単なる話し相手ではなくてもっと私にアダルトな要求をしてきてもいいのに、ある男性会員は、私を話し相手になって欲しいと言うのです。

私は別に話し相手をしているだけでも、高収入なので不満はまったくないのです。

ですが、なんだか彼がもったいないような気がしてしまって時々心苦しいのです。

チャットレディってこんなことで高収入であっていいのでしょうか。

なんて綺麗事に聞こえますよね。

男性会員の中にも、変わったタイプの人がいますが、私はやはりエッチなことを要求してきれくれたほうが、すごくやりやすいのですけどね。

話し相手だけっていうのは、結構疲れてしまうこともあるんですよね。

何を話したらいいのかとか、しばらく画面をみながら沈黙になってしまったりすると、きまづくなってしまって大変です。

私の場合だけかもしれないですが、話をそれだけ長くしたいのなら他の何かを使って欲しいと思ってしまいます。

男性会員は、たわいもない話をしたり時々悩みを聞いたりしています。

友人にこのことを話したら、話し相手をするだけで高収入ってかなり楽な仕事しているのねって、嫌味を言われてしまいました。

でも、チャットレディってやったことがない人からみれば、楽にお金を稼いでいるように見えるのでしょうか。